消費者金融が利用出来ない時は銀行カードローンを

何かの理由でお金が必要になってしまった時、消費者金融を頼っている人も多いと思います。
しかし、総量規制というものがあるのでそれに引っかかってしまっている人は、消費者金融を利用出来なくなるんです。
今では消費者金融難民という人たちも出てきてしまっているみたいですが、そんな人は銀行カードローンを使ってみて。
銀行は規制の対象外になっているから、年収の3分の1関係なく借入することが可能なんですよ。


銀行カードローンの魅力は?

一番の魅力は、やっぱり総量規制の対象外という部分ではないでしょうか?
また、最高上限金額枠も高くなっているから、何か起きてしまった時でも安心して借入できるようになっています。
銀行カードローンはいいところがたくさんあるのでオススメですが、初心者はなるべく避けた方がいいかもしれません。
初心者は便利さに味をしめてしまう可能性があるので、消費者金融の方がいいと思います。


よく考えてから決めよう

借入をするという事は、後日自分で返済をするという事なんです。
ですから、銀行カードローンを利用する時は本当に必要なのかよく考えてから決めるのがいいと思います。
返済の事をしっかり考えてからいくら借りるのか決めることをオススメします。

様々な種類のカードローンたち

カードローンの種類もたくさんあります。銀行系や信販系、消費者金融系などそれぞれのカード会社により若干の違いがあります。そして、それらの会社では貸出し金利が違っていたり、使用出来る店舗が決まっていたり、返済方法が違っていたりと、様々です。


貸し出しに対する金利は各社違う

カードローンで借り入れした際の貸し出し金利には各社其々違いがあります。銀行系の方が貸出し金利が若干ですが、低く抑えられていたり、借り入れする極度額により同じローンでも極度額が多い程、借り入れする際の金利が低く抑えられているのです。それに、都市銀行系の方が同じ銀行系でも貸出し金利が低く設定されているのも事実です。続いて都市銀行、ついで信販系の貸出し金利が低く設定されています。貸出しする総額が多い程低く設定しているようです。


返済方法も多種多様

カードローンで借り入れた金額を返済する方法も各社により様々な方法があります。銀行系の場合には、手持ちの銀行口座と同じ銀行の場合には口座から指定した日に毎月自動引き落としする方法、銀行系でも同じ銀行に口座が無くても指定した銀行口座から自動引き落としする方法、また毎月指定した日にちまでにカーにて銀行ATMから入金する方法で返済する方法、さらに、指定口座に送金する方法などがあります。

大手カードローン会社は、銀行が運営している

一般的には、銀行は預金するところというイメージがありますが、融資を受けることもできるのです。しかし、融資を受ける場合にはいろいろな審査を経てからになりますので、直ぐ必要な金額が借りられるわけではありません。


大手カードローン会社は銀行が運営している?

銀行は皆さんのお金をお預かりしているところなので、そのお金を元にして貸すことが出来ます。定期預金として長期間預けない限りは、預けたお金に対する利息は微々たる金額ですが、貸すお金に関してはなかなか高い利息をつけているものです。なのでカードローン会社でお金を借りる場合には、銀行系で行っている会社ならば安心して借りることができるのではないでしょうか?金額にもよりますが返済に困るようなことにならなければ特に問題はないような気がします。


小額ならばクレジットカードでも借り入れ可能

クレジットカードでもカードローンのような機能がある事はご存知だと思いますが、ご利用限度額の他に借入れ限度額もカードによっては設けられています。この場合は、クレジットカードでお金を買うと言ったところでしょうか?もちろんそれなりの金利がかかるのは当たり前のことですが、単発的に現金が必要になった場合の手段としては検討の余地もあるのではないかと思います。面倒な手続きも要りませんし、直ぐに現金化できる面では便利かもしれません。

カードローンにおける「銀行系」と「銀行」の違いとは?

カードローンで借入れしようとしたとき、よく「銀行系」や「銀行」「信販会社」と言った言葉を見聞きしませんか?信販会社はクレジットカードの会社だとわかるのですが、銀行系と銀行の差がよく理解できないこともあるかと思います。


銀行の傘下に入っている消費者金融会社

カードローンを扱う会社には消費者金融会社も含まれていますが、その親会社が銀行である消費者金融会社を「銀行系」と呼びます。銀行系は他の消費者金融や信販会社より金利が安く審査が厳しいのですが、それらの金融機関と違って賃金業法ではなく銀行法に基づいて運営されておりますので、総量規制の対象外となります。従って収入のない専業主婦、収入に安定のないフリーターや自営業の方でも借入れが行えるのが特徴です。


銀行法により総量規制から外れている銀行

銀行とは銀行法に基づいて預金の受け入れ、資金の貸し出しを行っている金融機関をいいます。その流れでカードローンのような数十万から数百万円の融資だけではなく、企業の事業拡大のための数億円単位の融資なども行っています。銀行も総量規制の対象外となりますので収入に安定のない方でも借りられますが、カードローンの審査はもっとも厳しくなります。

初めてのカードローンは銀行がお勧め?

カードローンは緊急に現金が必要な時などに便利で、利用する人がどんどん増えてきていますが、それに伴ってカードローンを発行している会社もどんどん増えてきています。そんな中で初めてカードローンを利用する方には銀行系のカードローンが比較的なじみやすいように思います。


金利が有利な銀行のカードローン

それまでカードローンを使ったことのない人にとって、心配なのは金利がどれぐらいになるのかということだと思いますが、銀行系のカードローンは、他のカードローンに比べて金利が低く設定されているところが多く、初めてカードローンを利用しようと思っている方でも安心して使えるように思いますし。またカードローンは初めてでも、銀行に口座を持っていないという人は少ないと思いますので、自分の口座がある銀行のカードローンならば、比較的作りやすいのではないかと思います。


なじみの銀行なら申込みやすい?

カードローンの申し込みはインターネットで行えるようになっているところがほとんどのようですから、自宅からでも簡単に行えるようになっていますが、銀行によってはその銀行の支店で申し込みを受け付けるところもあるようですから、初めてカードローンを利用される方には、なじみのある銀行の支店の方が、スムーズに手続きできるかもしれませんし、気軽に申し込めるかもしれません。

銀行のカードローンのメリット

銀行系のカードローンは金利が低いところが多いだけでなく、それ以外にもいくつかのメリットがありますが、そのひとつには借入限度額が他のカードローンに比べて高めの設定になっているところが多い点が挙げられます。


借入限度額が高めの設定になっている

借入限度額が高めの設定だと、急に高額の現金が必要になっても、ひとつのカードローンで賄えますから、いくつものカードローンを作る必要がなくなりますし、返済の際の管理もひとつのカードローンだけ注意しておけばよく楽になります。また金利は小口でいくつものカードローンから借り入れするより、まとめて大きな額をひとつのカードローンから借入する方が金利は低くなるそうですから、借入限度額が高いとひとつにまとめやすく金利も低くなりやすいので、この点も有利です。


審査のスピードも改善されてきている

銀行カードローンは作るときの審査が厳しく、また審査にかかる時間も長くなることが多いようですので、緊急の場合には間に合わない時がありそうです。ただ最近は銀行のカードローンもシステムの改善を行ったり、系列の消費者金融会社に委託したりしているようで、審査のスピードがどんどん速くなっているようです。ですから申し込んだその日のうちに審査が終わり、その日のうちに借り入れが可能なようになっているところもあるようです。

Back to top