カードローンで借入れしようとしたとき、よく「銀行系」や「銀行」「信販会社」と言った言葉を見聞きしませんか?信販会社はクレジットカードの会社だとわかるのですが、銀行系と銀行の差がよく理解できないこともあるかと思います。


銀行の傘下に入っている消費者金融会社

カードローンを扱う会社には消費者金融会社も含まれていますが、その親会社が銀行である消費者金融会社を「銀行系」と呼びます。銀行系は他の消費者金融や信販会社より金利が安く審査が厳しいのですが、それらの金融機関と違って賃金業法ではなく銀行法に基づいて運営されておりますので、総量規制の対象外となります。従って収入のない専業主婦、収入に安定のないフリーターや自営業の方でも借入れが行えるのが特徴です。


銀行法により総量規制から外れている銀行

銀行とは銀行法に基づいて預金の受け入れ、資金の貸し出しを行っている金融機関をいいます。その流れでカードローンのような数十万から数百万円の融資だけではなく、企業の事業拡大のための数億円単位の融資なども行っています。銀行も総量規制の対象外となりますので収入に安定のない方でも借りられますが、カードローンの審査はもっとも厳しくなります。