銀行系のカードローンは金利が低いところが多いだけでなく、それ以外にもいくつかのメリットがありますが、そのひとつには借入限度額が他のカードローンに比べて高めの設定になっているところが多い点が挙げられます。


借入限度額が高めの設定になっている

借入限度額が高めの設定だと、急に高額の現金が必要になっても、ひとつのカードローンで賄えますから、いくつものカードローンを作る必要がなくなりますし、返済の際の管理もひとつのカードローンだけ注意しておけばよく楽になります。また金利は小口でいくつものカードローンから借り入れするより、まとめて大きな額をひとつのカードローンから借入する方が金利は低くなるそうですから、借入限度額が高いとひとつにまとめやすく金利も低くなりやすいので、この点も有利です。


審査のスピードも改善されてきている

銀行カードローンは作るときの審査が厳しく、また審査にかかる時間も長くなることが多いようですので、緊急の場合には間に合わない時がありそうです。ただ最近は銀行のカードローンもシステムの改善を行ったり、系列の消費者金融会社に委託したりしているようで、審査のスピードがどんどん速くなっているようです。ですから申し込んだその日のうちに審査が終わり、その日のうちに借り入れが可能なようになっているところもあるようです。