銀行カードローンは銀行が行なっているカードローンです。消費者金融などと比べると金利は安く審査は厳しい傾向があります。総量規制にかからない、銀行のカードで利用できるといったメリットがある一方で、審査は消費者金融と比べるとやや厳しい傾向にあるようです。


<審査とは何を見られるのか>

銀行カードローンの審査とは支払い能力を確認するためのものです。保証人が不要な代わりに保証会社の審査も受けなければなりません。審査の内容は収入や勤続年数、持ち家かどうかといったことです。審査の結果によってカードローンの可否や利用上限が決まります。基準は公表されていませんが、フリーターや学生、専業主婦といった定職についていない方は難しいようです。


<審査に通りやすくするには>

利用したいと思ったとき、しないほうが良いことのひとつは転職です。転職が多いと審査に悪影響を及ぼすようです。引っ越しも審査ではマイナスの要素です。引っ越しが多いと返済能力を不安に思われることがあるようです。これらは銀行によって基準が違うので、一概にどの程度なら銀行カードローンの審査に通るとは言えません。ただし、安定した収入があることは共通している条件のようです。