「収入の3分の1を超える貸付を行ってはならない」と総量規制の法律によって決められました。これによって今まで超過債務の中で自転車操業を行って来た人が、いきなり新たな借入ができずに混乱してしまったことは記憶に新しいものです。この時期に債務整理を行う人も激増しました。しかしその法律の影響も一段落してきました。それと同時に、貸金業者と銀行との住み分けもはっきりしてきたのです。
結果から言うと、銀行の債務は総量規制の法律に関係がありません。審査の際に返済能力の有無を判断する材料として現在の債務を見られることはあったとしても、法律によって貸し付けが制限されることはないのです。銀行は貸金業者ではなく、総量規制は貸金業者にのみ科せられているものです。


<銀行カードローンを申し込む際の注意点>

「〇〇銀行グループ」と書かれている消費者金融は幾つかありますが、これは銀行ではありません。あくまでも「グループ」というだけです。そのため総量規制の法律を厳守すべき業者になります。「銀行グループあだから銀行カードローンなのだろう」と考えるのは間違いです。銀行カードローンのメリットを享受するためには、しっかりと銀行カードローンであることを確かめてから申し込みましょう。銀行からの借入であれば、総量規制の範囲に加算しなくても良いものとなりますし、総量規制の限度いっぱい借入を行っていても、利用が不可能ではありません。