最近の銀行カードローンは、即日発行することもできるようになってきています。
なかでもメガバンクはその先駆けで、三菱東京UFJ銀行と三井住友銀行はカードローンを最短30分審査で利用することができます。
絶対的に信用できるメガバンクの金融商品さえ最短30分で利用できてしまうのですから、すごい世の中になりましたね。
条件のハードルがすごく高いと思われがちですが、実はそうでもありません。


銀行カードローンは基本誰でもOK

三菱東京UFJ銀行、三井住友銀行、両方とも「原則安定した収入」があれば両行の銀行カードローンを発行することが出来ます。
この部分の解釈がよく争点になるのですが、答えを先に言うと「毎月継続した収入」という意味です。
別に、「月収が50万円以上でなければ利用できない」というルールはないので、思い込みや決め付けで判断しないように気をつけましょう。
条件で唯一異なるのは、三井住友銀行は本人しか利用できないのに対して、三菱東京UFJ銀行は配偶者でも利用できるという点です。


500万円を超えそうなら三井住友銀行

銀行カードローンの利用限度額は、およそ500万から1,000万円です。
消費者金融と違って総量規制の対象外であるため、高額の借り入れやおまとめローンに向いている金融商品だと言えます。
ただし、三菱東京UFJ銀行の「バンクイック」は限度額が500万円と、銀行カードローンにしては低めです。
一方で、三井住友銀行カードローンは800万円まで借りられることになっているので、もしメガバンクで高額の借り入れになりそうなら三井住友銀行を利用すると良いです。